八王子市で浴室タイルのリフォームを実施しました。メールで浴室の交換かタイルの補修か悩んでいるとのご相談をいただき現場調査などのお打合せをスタートいたしました。いろいろなリフォームの方法、メリット・デメリット、費用、工期をご説明させていただき、最終的にはタイルの補修をおすすめさせていただきました。

現場調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のとおり、タイルの目地がなくなって部分的にたいるが剥がれていました。ユニットバスの躯体は樹脂でできていて長年の使用で床がわずかに上下に揺れるような動きをします。これによって目地がひび割れ、水が浸透して、タイルの剥がれにつながっていきます。

 

ご要望と現場調査の結果、今回ははがれたタイルの補修を行いました。「タイルの雰囲気と足ざわりが好き」とのことでした。洗い場床はしっかりしていて上下の動きが少なくタイルの貼り替えも可能と判断致しました。今のタイルをきれいにはがして新しく貼るタイルの接着に注意して施工いたしました。

 

施工スタート

タイルの撤去

 

 

 

 

 

 

洗い場床の清掃

 

 

 

 

 

 

養生(乾燥の為、1日空ける)

タイルを貼り付けます

接着がポイントです。

 

 

 

 

 

養生(タイル接着の為、1日空ける)

タイルの接着を確認

タイル目地入れ

防汚目地材 スーパークリーン

 

完成です。